会社設立の祝いの文例の決め方

会社設立の祝いの文例の決め方 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ > 会社設立の祝いの文例の決め方

会社設立の祝いの文例の決め方

image

会社設立をした法人宛てに祝いの言葉を送るのは、社会人としてごく当たり前のことです。
会社設立のお祝いには、ビジネスマナーの一環であるのと、その会社と仕事で繋がりを作るための2つの目的があります。
今回は、会社設立をした法人に祝いの言葉を送る際の文例の決め方について、紹介したいと思います。

まず最近では割と一般的になった、メールでお祝いの言葉を送る方法です。
メールでお祝いの言葉送る際に気をつけることは、まず相手の会社の設立年月日の当日に送ることがマナーだと言われています。
ですので、会社の正式な設立前に間違ってメールを送ってしまったり、かなり遅れてお祝いをしてしまうなど、タイミングを間違わないよう気をつける必要があります。

メールの送り方としては、メール件名の頭に先方の社名を入れて送るのが普通です。
その時に株式会社が頭にくるか後ろに来る彼をよく確認して間違わないようにしないといけません。
ここが間違ってしまうと、相手の社名そのものを間違えていることになりますので、致命的に失礼なミスということになってしまいます。十分に気をつけて相手の社名を確認するようにしておきましょう。

お祝い文の構成は、まず挨拶と送り主の自己紹介を行い、祝辞をコメントします。
祝辞はできるだけ、相手のこれまでの功績をたたえるような内容の文章を入れておくと良いでしょう。
場合によってはこの文章はできるだけ手短に割愛しても問題ありません。

最後は締めの文章になります。
「 益々のご活躍を心からご期待申し上げます。」といった形で締めて、最後はメールの送り主の会社名や住所氏名連絡先などを記載して送るのが、メールで会社設立のお祝いの言葉送るマナーとなります。
本来は書面にして相手に送るのが理想的ですが、最近ではメールでお祝いの言葉を送るケースも増えてきているようです。
メールにするか手紙にするかの判断は、相手との関係性にもよるかと思われます。

近しい間柄の友人が起業する場合はメールでもいいかもしれませんが、全く面識がない相手に対して開業のお祝いをメールで送るのは少々失礼にあたるかもしれません。
ケースバイケースということで、使い分けていくといいでしょう。

このように、会社同士の付き合いを深めるための、ビジネスマナーというものがあります。
特に、お礼の文章やお祝いの文章は相手に自社の存在を知ってもらうための手段でもあるため、たとえ簡単な挨拶でも、疎かにしないことが肝心だといえるでしょう。